設備 / 機械紹介
FACILITY

MRI

当院のMRIはオープン型のため閉所恐怖症の方でもリラックスして検査を受けていただくことが可能です。膝の半月板損傷や靭帯損傷、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に加えて、肩の腱板断裂などレントゲンでは判定できない疾患の診断にきわめて有効です。

レントゲン室

レントゲンでは、骨や関節、脊椎の異常を発見することができます。併設された透視装置は、ブロック注射や関節脱臼の整復などの際に用います。

骨密度測定装置

当院の骨密度測定装置は、「腰椎(腰の骨)」「大腿骨頚部(太ももの付け根)」で測るDXA法(デキサ法)です。約10分間で正確な骨密度値を測定することができます。

超音波診断装置

当院ではエコーを用いた診療を積極的に行っております。捻挫の靭帯損傷や筋損傷、肩の腱板断裂などレントゲンでは診断できない疾患を評価することが可能です。またエコーを使用し正確な場所へ注射を打つこともできます。

パワープレート

身体への負荷が少ないパワープレートトレーニングは年齢や体力レベルに関係なく、それぞれの目的に合わせて誰もが行えます。

ウォーターベッド型
マッサージ器

水圧刺激により肩から腰、下肢にかけての筋肉の凝りをやさしくほぐし、血行改善を促進します。リラクゼーション効果に優れています。

低周波治療器

微弱な電流を流すことにより筋肉や神経を刺激しマッサージを行います。

自動牽引療法装置

腰椎と頸椎の軽度の変形を矯正し、神経の圧迫を解除し血流を改善し痛みを和らげます。

乾式ホットパック装置

振動と温熱で深部まで十分に温め、血流を改善し、新陳代謝を促進させます。血行不良からくる痛みや関節の硬さを和らげます。

赤外線治療器

遠赤外線の作用により、患部を緩やかに深部まで暖め、血流を増加させ、新陳代謝を促進します。血行不良からくる痛みや関節の硬さを和らげます。

みやた整形外科

平日
午前 8:45 - 12:00 
午後 14:00 - 18:00 

※初診の受付は17:45までとなります。


土曜
午前 8:45 - 13:00